塗装の基礎知識。塗装にかかる費用

塗装にかかる費用

塗 装 に か か る 費 用

『 うちは○○坪だけど、いくらかかるの? 』と聞かれることがあります。また『 坪単価はいくらなの? 』と聞かれることもあります。 当社に寄せられるお問合せの中で、一番多いのがこの塗装にかかる費用、金額に関するものです。

確かに費用が一番気になりますよね。
でも塗装にかかる費用は、実際にお住まいを拝見しませんと、わからないのです。

ただし目安となる金額を提示することは可能です。あくまでも目安ですので、当然ながら正式なお見積りとは誤差が出ます。 その誤差の幅なのですが、金額が大幅に上回る場合もあれば、目安金額よりも安くなる場合もありますので、一概には言えません。

それではなぜ塗装費用は、実際に拝見しないとわかないのか? そしてなぜ目安となる金額を出しても、実際には幅が出てしまうのか? ひとつひとつ順を追って説明していきましょう。

※なお下記の説明で、建坪(建築面積)や延べ坪(延べ床面積)などの用語が出てきます。
これらは細かい算定基準がありますので、ここでは知り合いの建築士の方に教えて頂きました、とても簡単で分かりやすい説明をしています。

1.建坪と外壁塗装面積の違い

建坪と外壁塗装面積

まずは右の図を見てください。建坪と外壁塗装面積の違いを説明したものです。図を見ていただければ分かると思いますが、建坪とは 建物の『 1階の床面積 』のことです。(厳密に言うと異なる場合もあります。) これは建築面積とも呼ばれます。

そして当然ながら、私たちが行う外壁塗装工事は建物の側面、つまり外壁ですので建坪は関係ないのです。
いくら坪数をお知らせ頂きましても、目安となる金額は提示できますが、はっきりした外壁塗装にかかる費用はわからないのです。


2.延べ坪(延べ床面積)から目安となる外壁塗装費用を算出

建坪と外壁塗装面積

坪数から外壁塗装面積を割り出し、目安となる費用を提示する場合、一般的には延べ坪(延べ床面積)で計算すると思います。(当社はこの方法で計算 しています。)
左の図を見ていただきたいのですが、延べ坪(延べ床面積)とは各階の床面積の合計です。
この延べ坪(延べ床面積)から概算で外壁塗装面積を割り出すのですが、その計算式は
延べ坪×3.3u×係数(1.2〜1.7ぐらいまで、業者による)
左の図例で言えば、外壁塗装面積は
30坪×3.3u×1.2(当社の係数)=118.8u となります。
このu数を基に金額を提示することになりますが、これは目安です。
上記したような計算式で算出している以上、実測した場合とは異なってしまうのです。


3.同じ坪数でも外壁塗装面積は異なる

ここでは同じ坪数の建物でも、実測した場合の外壁塗装面積は異なる、ということをご説明いたします。

まず下の図を見てください。平屋の建物を真上からみたものと仮定します。
AとBは形状は違いますが、どちらも5m四方の正方形を4つ使ってますので、同じ100u、30坪です。

坪数と外壁面積

それでは、この2つの建物の外壁塗装面積を測っていきます。まず、外壁塗装面積の計算方法ですが、 建物の外周 × 高さ - 開口部(窓など)です。
上の図では開口部は無し(0m)と考え、高さを2.8mとしますと、
Aは (10+10+10+10)×2.8-0 =112u
Bは (15+5+5+5+5+5+5+5)×2.8-0 =140u

同じ坪数でも、外壁塗装面積は28uの差が出てしまいます。

また『2.延べ坪(延べ床面積)から目安となる外壁塗装費用を算出』では、30坪の場合の外壁塗装面積を割り出しました。
係数の数値で概算面積も変わるのですが、当社の場合ですと30坪で118.8uでした。

このように、同じ坪数でも建物の形状によって外壁塗装面積は変わってくるのです。
また坪数から割り出す概算の外壁塗装面積も、全くの的外れではありませんが、とても曖昧なものなのです。


4.建物を拝見しなければならない理由

それではご自分で実測するなり、図面から計算して外壁塗装面積を出した場合には、塗装費用は分かるのでしょうか?
答えはノーです。ただし、坪数から割り出す目安の金額よりは、より現実味を帯びた金額を割り出せるとは思います。

なぜ正確な外壁塗装面積が分かっているのに、塗装費用がわからないのでしょうか?
それは建物の状態や外壁の種類によって、費用は変わってくるからです。

傷んだ外壁

例えば左の写真をご覧下さい。傷んだ外壁です。
塗装をする場合には、まずこの外壁の下地を補修をしなければなりません。

外壁塗装面積が同じだとしても、外壁の状態が左の写真のような状態と、クラック(ひび割れ)などが全く見られないキレイな状態では、かかる手間(人件費) や補修に伴う材料の使用量(材料費)が変わってきます。

また仮に外壁の状態が全く同じだとしても、外壁の種類によって材料の使用量は変わります。
スタッコやリシンといった外壁は、 塗料を多く吸い込んでしまいますので、その分材料費が多くなってしまうのです。

傷んだ木部

もう一例あげます。左の写真は破風板が傷んでいるのがわかると思います。
塗料を塗る前に、この木部の旧塗膜をケレン作業(研磨作業)で落としていくのですが、当然ながら傷みが激しいほど手間がかかります。(人件費)
また劣化した木部というのは塗料の吸い込みも激しく、より多くの材料を使うことにもなるのです。(材料費)

外壁の状態や種類と同じく、外壁塗装面積が全く同じ建物でも、木部が多い少ない、その傷み具合によって、塗装費用は大きく変わります。
もちろん木部だけでなく鉄部に関しても同じですし、だからこそ一概に外壁塗装面積だけでは、正確な金額は提示できないのです。

つまり、外壁塗装にかかる費用というのは一軒一軒違うものですので、実際に拝見しないと分からないと言うのは こう言った理由からなのです。